S/S BLOG

ギタリスト、齋藤聖悟のブログです。

IDMについて

僕の周りでIDMの話ができる人は2人ぐらい。EDMは有名なのにな。

 

シンセサイザーやらマシン音楽が生まれていって、エレクトロな音楽=クラブミュージックの踊れる音楽、みたいに思ってる人が多いと思う。

 

そんな中で誕生したのがIDMで、「ベッドルームミュージック」だとか、「リスニングエレクトロ」だとかいろいろ言われてる。

踊るんじゃなくて、「聴く」エレクトロ。

飲むんじゃなくて、食べる味噌汁。

余談だけど、聴くのも危ういっていうノイズ即興系のエレクトロもある。

もはや、投げる味噌汁。

 

もう少しだけ雑に話を進めます。

 

音楽のジャンルによって、特化してる部分というのがあると思う。

パンクは怒りとか反社会とか、衝動とか、青春とか。

ボサノバはBGMとして使われるぐらいだし、空間の優しさとか、癒しだとか、かゆいくらいのブレイクタイムも含んでる。

ファンクはイェーイで伝わると思う。

 

そこでIDMって音楽なんだけど、「クオリアの表現」と、「真面目に楽しんでる音遊び」に特化してる感じがして、とても面白い。

 

家を出てドアを開けた瞬間の「あれ、今日から夏が来た?」って思わせるあの感じとか。

朝まで起きてしまって、太陽の光に眩しさを感じている煙草の煙の気持ちとか。

 

なんとも言えないんだけど、なんかあの感じ!なんか!あの感じ!うわぁぁ!

っていうクオリアの表現が、本当にすごい。

 

センスで勝負してる弾き語り系女子とかがIDMを聴きだして、さらに宅録とかしたら…。作曲のフォーマットはみ出して才能爆発するんじゃないかとか思っていたりする。

 

世間に広まるくらいメジャーになって欲しいとは思わないけど、ライブハウスで顔合わせる人達が、「いやジェームス ズーのアルバムを正座しながら聴いちゃったよ!」なんてひどい話ができたら面白いのにな、と。

 

とにかくIDM、おすすめです。